PR
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
月刊:観光物産ニュース −2020年3月号「業界景気予報(西日本版)」より−
0
    月刊:観光物産ニュース
    −2020年3月号「業界景気予報(西日本版)」より−

    ・・・日本列島「各地の話題」を紹介します(その3/3)・・・

     

    西日本版

    「観光&物産情報」より一部抜粋

     

    観光情報

     

    <都市温泉>大阪に続々誕生、利用客の獲得競争激化

     インバウンド(訪日客)の増加に沸く大阪で、都市部を中心に「温泉」を掲げるホテルや日帰り施設が相次ぎ誕生している。大浴場で疲れを癒やしたいニーズに加え、体験型の「コト消費」に関心を示す外国人人気が後押し。新旧入り乱れて利用客の獲得競争が繰り広げられている。

     昨年2月、大阪市港区に開業した日帰り施設「空庭温泉」は、関西最大級の広さと安土桃山時代をコンセプトにした空間が売り。吹き抜けの大庭園を臨む「庭見風呂」や7種類の岩盤浴に加え、貸衣装やショーなどもあり、「温泉型テーマパーク」として1日中楽しめる構成だ。東京でいえば「大江戸温泉物語」の雰囲気に似ている。

     「スパスミノエ」(住之江区)は、東京海上日動火災保険の調査で、外国人がインターネット交流サイト(SNS)で評価した大阪府内の観光スポット3位に選ばれた。

     「都市温泉」は全国的にも増加傾向にある。環境省の調査では、温泉利用の公衆浴場数は2017年度末7935施設と過去最高を更新した。昨年11月時点で全国423のホテルを展開するアパグループは、52のホテルに「人工ラヂウム温泉」などの大浴場を完備。今後も新設する18の施設に大浴場を計画する予定だ

     

    <美術館ホテル>草間さんらの作品が随所に、「泊まれる美術館」誕生

     大阪・難波のシンボルとして親しまれ、2009年に閉館した新歌舞伎座が昨年12月1日、ホテルに生まれ変わった。唐破風(からはふ)が連なる外観を再現し、館内には草間彌生さんらの作品を始め、新旧の芸術家の作品約100点を展示した。泊まれる美術館として訪日外国人客を呼び込む。

     開業した「ホテルロイヤルクラシック大阪」(経営は冠婚葬祭大手ベルコ)は地下1階、地上19階建てで客室は150室。宿泊客以外の利用も想定し、宴会場やレストランも充実させた。大規模な結婚式場も設け、会場は破風の三角形を生かしたデザインにした。

     

    <アーバンスポーツ>4月予定の広島世界大会、新型コロナで延期に

     都市型スポーツ(アーバンスポーツ)の世界大会「FISE(フィセ)WORLD SERIES HIROSHIMA 2020」が4月2〜5日、広島市中区の市中央公園や県立総合体育館などを会場に開催される。今年の東京五輪で競技種目に初採用されるスケートボードをはじめ、自転車のBMX、ボルダリングなど7種の競技を開催する都市型スポーツの祭典だ。(※新型コロナ感染症拡大のため延期になった―本誌編集部)

     主催のアーバンスポーツ支援協議会によると、初開催となった2018年4月は約8万5千人、昨年4月は約10万3千人の観客でにぎわった。

     また、eスポーツもエキシビジョン競技として行われる予定。会期中はカキやお好み焼きなどの食品ブースを設け、観光、経済へのさらなる効果も狙うとしている。

     

    物産情報

     

    <ふるさと納税の話題>

    ■池田市の返礼品に日清即席麺復活

     大阪府池田市は2月17日、ふるさと納税の返礼品に「チキンラーメン」など日清食品の即席麺詰め合わせを、3月から復活させると発表した。工場が市外にあり、昨年6月からの新制度で地場産品を返礼品とする基準を国が設けたことから、自主的に返礼品から除外していた。

     日清食品創業者の故安藤百福氏が即席麺を発明した自宅があった池田市は、即席麺発祥の地とされる。

     

    ■業者からの金銭授受容疑で町課長逮捕

     高知県警は3月3日、高知県奈半利町でふるさと納税を担当する課長が、息子名義の口座を介して返礼品を扱う水産加工会社から百数十万円を受け取っていた疑いがあるとして逮捕した。

     県警は同日、息子の住民票を自宅がある奈半利町から町外に不正に移した電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで、町地方創生課長森岡克博容疑者(45)を逮捕し、ほう助の疑いで同課長補佐柏木雄太(41)、返礼品を扱う水産加工会社社長松村通成(30)の両容疑者逮捕した。ふるさと納税制度を巡る不正が、刑事事件となるのは初めて。

     

    情報ダイジェスト

     

    和歌山発=「ねんりんピックわかやま大会」に1万人集う

     全国の高齢者がスポーツや文化活動を通し交流を深める「第32回全国健康福祉祭和歌山大会(ねんりんぴっく紀の国わかやま2019)」が11月9日から4日間、和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場で開催された。大会には4日間で、60歳以上の選手や監督ら約1万人が参加した。

     

    兵庫発=「神戸ルミナリア」に347万人来場、15年以降で最多

     阪神・淡路大震災の犠牲者を追悼し、記憶を継承する「神戸ルミナリエ」が12月15日、閉幕した。組織委によると、10日間の来場者は計約347万人(前年比約4万人増)。会期が10日間に短縮された2015年以降で最多となった。

     

    鳥取発=水木しげるロード人気復活、300万人超―2019年の入込客

     鳥取県境港市によると、妖怪ブロンズ像が並ぶ「水木しげるロード」の昨年の年間入込数が前年比9.7%増の約301万人を記録した。300万人超となるのは8年ぶりで、過去3番目に多かった。

     

    長崎発=長崎ランタンフェス、新型コロナの影響で4割減

     長崎市は2月9日、1月24日に始まり、2月9日に閉幕した「長崎ランタンフェスティバル」の来場者が56万人と昨年(約98万人)より約4割、42万人減ったとの推計を発表した。2010年以降で最も少ない人数となった。市は新型コロナウィルスの影響が要因とみている。

     

    (おわり)

     

     

    ★国立国会図書館へ当総研の「各種出版物」を納本しています。
    国立国会図書館から納本要請があり、下記書籍を有償にて納本しています。

    2010年版「2009年度土産業界白書」〜2017年版「2016年度土産業界白書」(以上8冊) ∩換餞儻物産業者名鑑「2016年卸問屋版」、同「2011年版」、同「2007年版」(以上3冊)

     

    ★大阪府立中央図書館が当総研の「各種刊行物」を購入しています。
    大阪府立中央図書館は、当総研発行の各種出版物のほとんどを購入しています。
    2010年版「2009年度土産業界白書」観光物産業者名鑑「2011年卸問屋版」(8月発行)4儻施設名鑑「2010年レジャー・アミューズメント版(東日本編)」て院2012年レジャー・アミューズメント版(西日本編)」(12年2月発行予定)。「2007年卸問屋版」「観光物産業概論」は購入済み。

    ★「月刊:観光物産ニュース」(毎月15日発行、A4版・50ページ以上)をご購読ください。
    定期購読(1年間¥12,960)をご希望の方は、<定期購読希望>とメール又はFAXでお申込下さい。その他、観光物産総合研究所の事業内容をお知りになりたい方は、下記WEBにてご確認下さい。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    観光物産総合研究所/地域振興ネットワーク 代表 稲田俊明

    ◆観光物産総合研究所
    〒166-0012 東京都杉並区和田3-28-11-202
    TEL 03-6775-7185 FAX 03-3311-9502 携帯電話 090-6035-0223

    Eメール kankoubussansinbun@yahoo.co.jp ホームページは https://kankoubussan.jimdo.com
    ◆地域振興ネットワーク 事務局 
    地域振興ネットワークからのお知らせは、
    http://kankoubussan.jugem.jp

    ◆庄内ふるさと応援団「東京庄内藩」事務局 
    庄内の話題は、
    http://shonainews.jugem.jp 

    ※庄内検定「庄内ふるさと検定」「庄内おくりびと検定」「庄内おしん検定」もご覧いただけます

     

    (主な役職:山形県「やまがた特命観光・つや姫大使」、山形県東京花笠連合会顧問、山形県東京三八会会長全国ふるさと大使連絡会議理事、ふるさとテレビ顧問、他) 

    posted by: miyagenews | 観光、物産、土産、土産業界白書 | 15:36 | comments(0) | - | - | - |
    月刊:観光物産ニュース −2020年3月号「業界景気予報(東日本版)」より−
    0
      月刊:観光物産ニュース
      −2020年3月号「業界景気予報(東日本版)」より−

      ・・・日本列島「各地の話題」を紹介します(その2/3)・・・

       

      東日本版

      「観光&物産情報」より一部抜粋

       

      観光情報

       

      <北海道>30年の「冬季五輪」、札幌市を候補地に正式決定―JOC

       日本オリンピック委員会(JOC)は1月29日、東京都内で理事会を開き、2030年冬季五輪開催を目指す札幌市を国内候補地に正式決定した。実現すれば札幌では1972年以来度目、日本での冬季大会は度目となる。

       30年以降も見据えた将来的な冬季大会開催を巡ってはソルトレークシティー(米国)やピレネー・バルセロナ(スペイン)も興味を示している。

       

      <東京・町田>新しい街「南町田グランベリーパーク」誕生

      ―複合商業施設「グランベリーパーク」には13日間で100万人超が来場

       町田市と東急などが官民連携で再開発した新しい街「南町田グランベリーパーク」にある複合商業施設「グランベリーパーク」が、開業からわずか13日間で、来場者100万人を突破した。

       グランベリーパークは約22ヘクタールの敷地に、ファッションや雑貨などの計241店舗があるほか、ピクニックやスポーツなどを楽しめる公園も一体として整備されている。11月13日に開業し、25日に来場者100万人を達成した。

       グランベリーパークは、目玉となる「スヌーピーミュージアム」が隣接して開業するため、さらなる集客が見込まれる。

       

      ―目玉施設「スヌーピーミュージアム」も開業

       世界的人気キャラクター、スヌーピーの魅力が詰まった展示施設「スヌーピーミュージアム」が1214日、東急田園都市線・南町田グランベリーパーク駅から徒歩分のところグランベリーパークに隣接)にオープンし

       この「スヌーピーミュージアム」、もとは2016月に六本木で開館したもので、スヌーピーファンの「聖地」として知られる米国カリフォルニア州・サンタローザの「シュルツ美術館」世界初の公式分館として、国内外から数多くのファンが訪れた。

       しかし、当初から年半という期限付き営業だったために18月でいったん閉館を迎えた。別れを惜しむファンの声に応える形で、南町田で待望のリニューアルオープンを果たした。

       

      物産情報

       

      ワイン&酒地域活性化に一役買う

      ◇山梨=「ワイン県」を宣言、県の魅力を国内外に発信

       山梨県は、昨年8日にワイン県を宣言した。日本ワイン発祥の地で、生産量とワイナリー数が日本一を誇ることに加え、県特産のブドウ品種甲州で造られた甲州ワインの品質の高さが海外から注目を集めていることから、山梨ワインの更なる発展を図るのがねらい。「ワイン県」を打ち出した観光プロモーションなどで県の魅力を国内外に発信していく。

       

      ◇長野=メルシャンが上田市にワイナリーオープン、見学ツアーも

       ワイン販売大手「メルシャン」(東京)のワイン醸造所「シャトー・メルシャン椀子(まりこ)ワイナリー」が昨年9月、長野県上田市長瀬にオープンした。約30ヘクタールの広大なブドウ畑に360度囲まれたワイナリーでは、10種類以上のグラスワインのテイスティングや上田の食材を使ったおつまみを楽しめるほか、ブドウ畑や醸造施設の見学ツアーもある。

       椀子ワイナリーは「勝沼ワイナリー」(山梨県甲府市)、「桔梗ケ原ワイナリー」(長野県塩尻市)に続く同社では3カ所目のワイナリー。ブドウ栽培からワインの製造までを公開し、年2、3万人の来場者を見込む。

       

      ◇三重=「御酒印帳」で中伊勢をPR

       三重県名張、伊賀、津市の11の宿泊施設でつくる「中伊勢温泉郷観光推進協議会」が昨年秋から、各施設を巡って地酒を味わいながらスタンプを集める「中伊勢御酒印帳プロジェクト」を始めた。寺社の朱印を集める「御朱印帳」のブームをヒントに企画した。

       御酒印帳を持参した宿泊者には施設がそれぞれ異なる銘柄の日本酒やビールをグラス杯、提供する。御酒印帳は初回利用から年間、利用可能。期間中に11施設を訪れてスタンプをもらった上で施設以上に泊まると、これらの酒の中から好みの地酒升が贈られる。

       

      情報ダイジェスト

       

      北海道発=倶知安町で2%宿泊税徴収スタート

       海外観光客の人気が高いリゾート地として知られる北海道倶知安町が昨年11月1日から宿泊税を導入した。宿泊料金の一律%を利用客から徴収する。宿泊税は東京都と大阪府、京都市、金沢市に続き例目となる。道内では札幌市やニセコ町も宿泊税の導入を検討している。 

       

      千葉発=「チバニアン」正式決定

       国際地質科学連合は1月17日、韓国で会合を開き、46億年の地球史を時代ごとの特徴で分けた「地質年代」のうち、まだ名前が決まっていなかった77万〜約12万年前の地質時代をチバニアン(千葉時代)」と命名することに決定した。日本の地名が時代の名前になるのは初めて。

       国立極地研究所や茨城大などの研究チーム、約77万年前の噴火で積もった火山灰の層の前後で地磁気が逆転しているのを確認。逆転した時期を明確にしたほか、この時代をチバニアンと名付けるよう申請していた。

       

      山梨発=甲府駅前に指輪モニュメント、宝飾品の出荷日本一PR

       宝飾品の出荷額日本一の山梨をPRしようと、甲府市のJR甲府駅南口広場にダイヤモンドリングをイメージしたモニュメントがお目見えした。ステンレスの鏡面仕上げで高さ3.31メートル、幅3.2メートル。愛称は「ゆめ・きら・リング」。

       

       

      (次の掲載は「東日本版」です)

       

       

      ★国立国会図書館へ当総研の「各種出版物」を納本しています。
      国立国会図書館から納本要請があり、下記書籍を有償にて納本しています。

      2010年版「2009年度土産業界白書」〜2017年版「2016年度土産業界白書」(以上8冊) ∩換餞儻物産業者名鑑「2016年卸問屋版」、同「2011年版」、同「2007年版」(以上3冊)

       

      ★大阪府立中央図書館が当総研の「各種刊行物」を購入しています。
      大阪府立中央図書館は、当総研発行の各種出版物のほとんどを購入しています。
      2010年版「2009年度土産業界白書」観光物産業者名鑑「2011年卸問屋版」(8月発行)4儻施設名鑑「2010年レジャー・アミューズメント版(東日本編)」て院2012年レジャー・アミューズメント版(西日本編)」(12年2月発行予定)。「2007年卸問屋版」「観光物産業概論」は購入済み。

      ★「月刊:観光物産ニュース」(毎月15日発行、A4版・50ページ以上)をご購読ください。
      定期購読(1年間¥12,960)をご希望の方は、<定期購読希望>とメール又はFAXでお申込下さい。その他、観光物産総合研究所の事業内容をお知りになりたい方は、下記WEBにてご確認下さい。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      観光物産総合研究所/地域振興ネットワーク 代表 稲田俊明

      ◆観光物産総合研究所
      〒166-0012 東京都杉並区和田3-28-11-202
      TEL 03-6775-7185 FAX 03-3311-9502 携帯電話 090-6035-0223

      Eメール kankoubussansinbun@yahoo.co.jp ホームページは https://kankoubussan.jimdo.com
      ◆地域振興ネットワーク 事務局 
      地域振興ネットワークからのお知らせは、
      http://kankoubussan.jugem.jp

      ◆庄内ふるさと応援団「東京庄内藩」事務局 
      庄内の話題は、
      http://shonainews.jugem.jp 

      ※庄内検定「庄内ふるさと検定」「庄内おくりびと検定」「庄内おしん検定」もご覧いただけます

       

      (主な役職:山形県「やまがた特命観光・つや姫大使」、山形県東京花笠連合会顧問、山形県東京三八会会長全国ふるさと大使連絡会議理事、ふるさとテレビ顧問、他) 

      posted by: miyagenews | 観光、物産、土産、土産業界白書 | 05:09 | comments(0) | - | - | - |
      月刊:観光物産ニュース −2020年3月号「業界景気予報(全国版)」より−
      0
        月刊:観光物産ニュース
        −2020年3月号「業界景気予報(全国版)」より−

        ・・・日本列島「各地の話題」を紹介します(その1/3)・・・

         

        全国版

        「観光&物産情報」より一部抜粋

         

        観光情報

         

        <eスポーツ>全国へじわ〜り波及、街の賑わいづくりに貢献

         PCゲームを用いて対戦形式によって勝敗を決めるeスポーツ。2022年のアジア競技大会の正式種目として採用が決まり、24年のパリ五輪の新種目候補にも挙がっている。国内では19年の「いきいき茨城ゆめ国体」の文化プログラムに選ばれ、47都道府県の予選を勝ち上がった選手が競うなど、「競技スポーツ」としての認知が国内外で高まっている。日本eスポーツ連合の試算によると、18年に約44億円だった国内eスポーツ市場は、22年までに倍増するとの見通しだ。

         デジタル時代の新スポーツが、地方活性化のカギとなるか。地域の子供と老人がコントローラーを手に、観衆の前で勝敗を競い合う、そんな光景が目に浮かぶ。そんなeスポーツの各地の取り組みは…。

         

        富山県は競技団体や地元テレビ局と組んで、19月に5G実証実験を兼ねた「トヤマゲーマーズデイ2019 5Gコロシアム」を高岡市で主催した。会場は県内最大級のイベントホール「テクノドーム」と、サテライト会場として魚津市新川文化ホールを使用した。2日間で大会参加者、来場者含め約3500人が集まった。また、約700人の大会参加者(プレイヤー)のうち割は県外からの参加だった。

         さらに11月24日には、富山市の大型商業施設「ファボーレ富山」で、eスポーツ大会リニューアルオープンの記念イベントとして行われた。同施設には週末には日約万人の買い物客が行き交う。

         

        徳島県では、県庁の職員と青年会議所のメンバーが主導してeスポーツイベントを開催し、人通りの減った商店街の賑わいづくりに取り組んでいる。

         県などが年回主催するエンタメイベント「マチ★アソビ」に、徳島新聞とともに18年からeスポーツのプログラムを組み込んだ。以降、「マチ★アソビ」内のeスポーツイベントには毎回1000人が来場している。

         付近の商店街を含めた休日の通行人口は30年前から減少、18年には約1500人とピーク時から割以上減少したが、このイベントでは約5000人が来場し、久しぶりに賑わいを見せた。

         

        大分県では、県eスポーツ連合が19月に別府市でeスポーツイベントを開催した。100人以上が参加し、その半数以上が県外からの参加だった。24時間プレイできる環境を整え、参加者は自分でスマホやゲーム機器を持ち寄るなどして、その場で初めて会う人たちと対戦を通じ交流した。会場には別府ならではの取り組みとして足湯が引かれ、休憩や食事、宿泊の際に参加者が会場周辺の旅館を利用するなど観光施設への波及が大きかったという。

         

        <民俗芸能「風流踊」>ユネスコへ無形文化遺産申請へ、22年登録審査

         国の文化審議会は2月19日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産への登録を目指す国内候補に、全国各地に伝わる豊作祈願や死者供養の踊り「風流踊」を選んだ。盆踊りや念仏踊りなどとして伝承された23都府県の37件をまとめて一つの遺産とみなし、3月末までに政府がユネスコに申請書を提出。2022年11月ごろのユネスコ政府間委員会で登録可否が審査される見通しだ。

         風流踊は、華やかに着飾った人々が笛や太鼓の演奏、歌に合わせて踊る民俗芸能で、日本三大盆踊りに数えられる秋田県の「西馬音内の盆踊」や岐阜県の「郡上踊」などが含まれる。

         

        物産情報

         

        <景気動向>2月の国内景気、新型コロナウィルスが影響し、大幅悪化

         帝国データバンクが実施した調査によると、2020月の景気DIカ月連続で悪化年ぶりに40を下回った。

         2月の国内景気は、中国発の新型コロナウイルス感染症の影響が全国的な広がりをみせ、業界・規模に関わらず景況感が大幅に悪化した。中国国内の移動や生産活動の停止で、輸出入関連が非常に影響を受けた。さらに、訪日客の減少や各種イベントの自粛、外出の手控えなど経済活動が大きく制約された。また、暖冬傾向の継続や消費税率引き上げによる需要減退、世界的な株価下落も下押し要因となった。在庫調整とともに設備稼働率の低下が継続するなか、企業が抱えるサプライチェーンのリスクが顕在化した。

         国内景気は後退局面が続くなか新型コロナウイルスの影響も加わり、大幅に悪化した。今後の国内景気は、新型コロナウイルスなどリスク要因も多く、緩やかな後退が続くとみられる。

         

        ―上場企業3月期決算、下方修正相次ぐ

         上場企業の2020月期決算の純利益合計は前期比66%減と、年連続の減益見通しであることが2月17日、東京証券取引所情報センターの調べで分かった。米中貿易摩擦を背景とする中国経済の減速や消費税増税が響いた。20月期の純利益合計は328654億円の見込み。

         純利益予想を下方修正した企業は、上方修正の1.8倍の225社に上る。中国で発生した新型肺炎の感染拡大は終息が見えず、企業業績に一段の打撃となりそうだ。

         

        情報ダイジェスト

         

        19年の映画入場、48年ぶり1.9億人超、興行収入も過去最高

         日本映画製作者連盟(映連)は1月28日、2019年の興行収入が2611千万円(前年比約387億円増)となり、2000年以降で過去最高になったと発表した。入場者も9491万人(同2570万人増)を記録した。邦画と洋画を合わせた興収のトップは新海誠監督の新作アニメーション「天気の子」(140千万円、発表時上映中)。洋画の位はディズニーアニメの続編アナと雪の女王」(127千万円、同)だった。

         

        新ポイント還元事業に2500億円計上―政府

         政府は昨年11月19日、マイナンバー(個人番号)カードを活用して新たに始めるポイント還元事業の全容を固めた。申請できるのは20月から21月までのカ月間で、最大万円までのキャッシュレス決済の利用や入金につき、25%に当たる千円分のポイントを付与する。20年度当初予算案に関連費用約2500億円を計上する方針。

         

         

        (次の掲載は「東日本版」です)

         

         

        ★国立国会図書館へ当総研の「各種出版物」を納本しています。
        国立国会図書館から納本要請があり、下記書籍を有償にて納本しています。

        2010年版「2009年度土産業界白書」〜2017年版「2016年度土産業界白書」(以上8冊) ∩換餞儻物産業者名鑑「2016年卸問屋版」、同「2011年版」、同「2007年版」(以上3冊)

         

        ★大阪府立中央図書館が当総研の「各種刊行物」を購入しています。
        大阪府立中央図書館は、当総研発行の各種出版物のほとんどを購入しています。
        2010年版「2009年度土産業界白書」観光物産業者名鑑「2011年卸問屋版」(8月発行)4儻施設名鑑「2010年レジャー・アミューズメント版(東日本編)」て院2012年レジャー・アミューズメント版(西日本編)」(12年2月発行予定)。「2007年卸問屋版」「観光物産業概論」は購入済み。

        ★「月刊:観光物産ニュース」(毎月15日発行、A4版・50ページ以上)をご購読ください。
        定期購読(1年間¥12,960)をご希望の方は、<定期購読希望>とメール又はFAXでお申込下さい。その他、観光物産総合研究所の事業内容をお知りになりたい方は、下記WEBにてご確認下さい。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        観光物産総合研究所/地域振興ネットワーク 代表 稲田俊明

        ◆観光物産総合研究所
        〒166-0012 東京都杉並区和田3-28-11-202
        TEL 03-6775-7185 FAX 03-3311-9502 携帯電話 090-6035-0223

        Eメール kankoubussansinbun@yahoo.co.jp ホームページは https://kankoubussan.jimdo.com
        ◆地域振興ネットワーク 事務局 
        地域振興ネットワークからのお知らせは、
        http://kankoubussan.jugem.jp

        ◆庄内ふるさと応援団「東京庄内藩」事務局 
        庄内の話題は、
        http://shonainews.jugem.jp 

        ※庄内検定「庄内ふるさと検定」「庄内おくりびと検定」「庄内おしん検定」もご覧いただけます

         

        (主な役職:山形県「やまがた特命観光・つや姫大使」、山形県東京花笠連合会顧問、山形県東京三八会会長全国ふるさと大使連絡会議理事、ふるさとテレビ顧問、他) 

        posted by: miyagenews | 観光、物産、土産、土産業界白書 | 04:31 | comments(0) | - | - | - |
        月刊:観光物産ニュース −2020年3月号の主な内容−
        0
          月刊:観光物産ニュース 
          −2020年3月号の主な内容−

          <特報>土産業界の商談会「全国観光物産見本市2021」開催決定! 11ページ)

          「全国観光物産見本市2021」開催要項発表&出展者募集開始!

           

          弥生特集 1225ページ)

          2020年「注目の観光地・イベント」(観光物産総研)

          「新型肺炎、政府の対応&経済への影響(第2回)」(観光物産総研)

          「日本列島は記録的な暖冬&少雪、その影響は?」(観光物産総研)

          ぁ崚豕各地で大規模再開発―渋谷・新宿・麻布台・有楽町―」(観光物産総研)

          ィ横娃隠糠度「全国推奨土産品受賞商品一覧」(全国土産品連盟)

          Γ横娃横闇版ミシュランガイド「東京版&関西版」発表(ミシュランタイヤ)

           

          観光&物産「業界景気予報」 (2〜4ページ)

          業界関連の最新情報を掲載

           

          全国版=<eスポーツ>全国へじわ〜り波及、街の賑わいづくりに貢献。<無形文化遺産民俗芸能「風流踊」申請へ。景気動向2月の国内景気、新型コロナが影響し大幅悪化<情報DJ>19年の映画入場48年ぶりに1.9億人超、興行収入は過去最高。政府、新ポイント還元事業に2500億円計上。

           

          東日本版=<北海道30年の「冬季五輪」候補地に札幌市を正式決定。東京>町田市に新しい街「南町田GP」誕生、スヌーピーミュージアムも開業。<ワイン&酒地域活性化に一役買う(山梨、長野、三重)<情報DJ>倶知安町で宿泊税スタート。チバニアン正式決定。甲府駅前に指輪モニュメント。

           

          西日本版=<都市温泉大阪に続々誕生、競争激化。美術館ホテル「泊まれる美術館?」誕生。アーバンスポーツ>4月予定の広島世界大会、新型コロナで延期に。ふるさと納税池田市の返礼品に日清即席麺復活。金銭授受容疑で奈半利町課長逮捕。<情報DJ>和歌山、兵庫、鳥取、長崎の話題。

           

          稲田主幹「観光&物産研究室」(NO.32) 2632ページ)

          <第3回・土産編>

          「2017年都道府県別土産消費額ランキング」(観物産総研)

           

          業界往来 3336ページ)

          ヾ儻物産業界・業者情報「物産・土産・業者の話題」

          業界関連見本市・イベント開催情報(2020月)

           

          観光動向「訪日・出国・国内最新情報」 37ページ)

          訪日外客数・出国日本人数速報(2019年12発表

           

          新・話題・注目商品紹介 38〜40ページ)

          今月は各地から4商品紹介

          受験生を応援する「各地の験担ぎ商品」紹介

           

          定点観測 4150ページ)

          〜換餝特呂療攣坤轡腑奪弸膿掲笋豢攵霾

          ⊆治体アンテナショップ売れ筋情報

          外国人向け売れ筋情報

          自治体アンテナショップ売れ筋情報(第2回 西日本編)

           

          観光物産総合研究所から各種事業・出版物の案内 5154ページ)

          土産業界の年次報告書、2018年版「2017年度土産業界白書」好評発売中!

          ∩換餞儻物産業者名鑑「2016年卸問屋版」残部わずか!

          A換餞儻施設「レジャー・ミュージアム施設名鑑」残部わずか!

          ご儻物産総研の「最新刊行物案内一覧」

           

          ★国立国会図書館へ当総研の「各種出版物」を納本しています。
          国立国会図書館から納本要請があり、下記書籍を有償にて納本しています。

          2010年版「2009年度土産業界白書」〜2017年版「2016年度土産業界白書」(以上8冊) ∩換餞儻物産業者名鑑「2016年卸問屋版」、同「2011年版」、「同「2007年版」(以上3冊)

           

          ★大阪府立中央図書館が当総研の「各種刊行物」を購入しています。
          大阪府立中央図書館は、当総研発行の各種出版物のほとんどを購入しています。
          2010年版「2009年度土産業界白書」観光物産業者名鑑「2011年卸問屋版」(8月発行)4儻施設名鑑「2010年レジャー・アミューズメント版(東日本編)」て院2012年レジャー・アミューズメント版(西日本編)」(12年2月発行予定)。「2007年卸問屋版」「観光物産業概論」は購入済み。


          ★「月刊:観光物産ニュース」(毎月15日発行、A4版・50ページ以上)を購読ください。
          定期購読(1年間¥13,200)をご希望の方は、<定期購読希望>とメール又はFAXでお申込下さい。その他、観光物産総合研究所の事業内容をお知りになりたい方は、下記WEBにてご確認下さい。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          観光物産総合研究所/地域振興ネットワーク 代表 稲田俊明

          ◆観光物産総合研究所
          〒166-0012 東京都杉並区和田3-28-11-202
          TEL 03-6775-7185 FAX 03-3311-9502 携帯電話 090-6035-0223
          Eメール
          kankoubussansinbun@yahoo.co.jp ホームページは https://kankoubussan.jimdo.com
          ◆地域振興ネットワーク 事務局 
          地域振興ネットワークからのお知らせは、
          http://kankoubussan.jugem.jp

          ◆庄内ふるさと応援団「東京庄内藩」事務局 
          庄内の話題は、
          http://shonainews.jugem.jp 

          ※庄内検定「庄内ふるさと検定」「庄内おくりびと検定」「庄内おしん検定」もご覧いただけます

           

          (主な役職:山形県「やまがた特命観光・つや姫大使」、山形県東京花笠連合会顧問、山形県東京三八会会長、全国ふるさと大使連絡会議理事、ふるさとテレビ顧問、他)  

          posted by: miyagenews | 観光、物産、土産、土産業界白書 | 05:13 | comments(0) | - | - | - |
          月刊:観光物産ニュース−2020年2月号「如月特集」より− <特集3>NHK大河ドラマ「麒麟がくる」 (第2回 止)
          0

            月刊:観光物産ニュース

            −2020年2月号「如月特集」より−

            <特集3>NHK大河ドラマ「麒麟がくる」 (第2回 止)

             

            ゆかりの地で光秀PR合戦、ドラマ館オープン

             

             2020年大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公である明智光秀、その主君である斎藤道三、盟友である織田信長。それぞれのゆかりの地が点在する岐阜県で11日、「大河ドラマ館」がオープンした。

             ドラマ館は、信長の居城岐阜城のある岐阜市、光秀生誕の地とされ明智城跡がある可児市、同じく生誕の地とされ光秀の母の墓もある恵那市、の3カ所にできた。いずれも来年1月11日までの開館。

             

            京都府福知山市も参戦、ドラマ館「福知山光秀ミュージアム」オープン

            ―土産販売所もオープン、光秀関連の書籍やグッズなど販売

             戦国武将・明智光秀が主人公のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の放送が開始されるのを前に、光秀ゆかりの京都府福知山市にも1月11日、「福知山光秀ミュージアム」がオープンした。来年1月11日まで開館し、大河ドラマの企画展を催すほか、城下町を整備した光秀の生涯や功績などを紹介する。

             ミュージアムは福知山城公園内にある佐藤太清記念美術館の2階に設けられた。大河ドラマで使用された衣装・小道具や、光秀の人物像などを伝える資料を展示する

             一方、福知山光秀プロジェクト推進協議会は1月11日、福知山市内の福知山城公園に隣接するにぎわい創出施設「ゆらのガーデン」内に、土産品販売所をオープンさせた。明智光秀が主人公のNHK大河ドラマ放送開始を前に同日、公園内に開設した「福知山光秀ミュージアム」との相乗効果で更なる誘客を図る。販売所は、ミュージアムの開設と合わせ来年1月11日までの期間限定で、福知山観光協会が運営する。

             

            ― トピックス ―

            NHK連続テレビ小説「半分、青い。」効果

            ―ロケ地、恵那・岩村町の観光客5倍、「五平餅」の売り上げ2〜5倍―

             岐阜県恵那市によると、2018年4〜9月にNHKで放送された朝の連続テレビ小説「半分、青い。」に伴い、ロケ地の岩村町の城下町商店街ドラマに登場した架空の町「東美濃市ふくろう町」のロケ地となり、前年比で約5倍の観光客が訪れ、ドラマ出た「五平餅」は人気が急上昇し、前年比2〜5倍に売り上げが伸びた。

            (おわり) 

             

             

            ★国立国会図書館へ当総研の「各種出版物」を納本しています。
            国立国会図書館から納本要請があり、下記書籍を有償にて納本しています。

            2010年版「2009年度土産業界白書」〜2017年版「2016年度土産業界白書」(以上8冊) ∩換餞儻物産業者名鑑「2016年卸問屋版」、同「2011年卸問屋版」、同「2007年卸問屋版」(以上3冊)

             

            ★大阪府立中央図書館が当総研の「各種刊行物」を購入しています。
            大阪府立中央図書館は、当総研発行の各種出版物のほとんどを購入しています。
            2010年版「2009年度土産業界白書」観光物産業者名鑑「2011年卸問屋版」(8月発行)4儻施設名鑑「2010年レジャー・アミューズメント版(東日本編)」て院2012年レジャー・アミューズメント版(西日本編)」(12年2月発行予定)。「2007年卸問屋版」「観光物産業概論」は購入済み。

            ★「月刊:観光物産ニュース」(毎月15日発行、A4版・約50ページ〜)を購読ください。
            定期購読(1年間¥12,960)をご希望の方は、<定期購読希望>とメール又はFAXでお申込下さい。その他、観光物産総合研究所の事業内容をお知りになりたい方は、下記WEBにてご確認下さい。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            観光物産総合研究所/地域振興ネットワーク 代表 稲田俊明

            ◆観光物産総合研究所
            〒166-0012 東京都杉並区和田3-28-11-202
            TEL 03-6775-7185 FAX 03-3311-9502 携帯電話 090-6035-0223

            Eメール kankoubussansinbun@yahoo.co.jp 
            ホームページ
            https://kankoubussan.jimdo.com
            ◆地域振興ネットワーク 事務局 
            地域振興ネットワークからのお知らせは、
            http://kankoubussan.jugem.jp

            ◆庄内ふるさと応援団「東京庄内藩」事務局 
            庄内の話題は、
            http://shonainews.jugem.jp 

            ※庄内検定「庄内ふるさと検定」「庄内おくりびと検定」「庄内おしん検定」もご覧いただけます

             

            (主な役職:山形県「やまがた特命観光・つや姫大使」、山形県東京花笠連合会顧問、山形県東京三八会会長、全国ふるさと大使連絡会議理事、ふるさとテレビ顧問、他)

            posted by: miyagenews | 観光、物産、土産、土産業界白書 | 06:51 | comments(0) | - | - | - |
            月刊:観光物産ニュース−2020年2月号「如月特集」より− <特集3>NHK大河ドラマ「麒麟がくる」 (第1回)
            0

              月刊:観光物産ニュース

              −2020年2月号「如月特集」より−

              <特集3>NHK大河ドラマ「麒麟がくる」 (第1回)

               

              ゆかりの地で光秀PR合戦、ドラマ館オープン

               

               2020年大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公である明智光秀、その主君である斎藤道三、盟友である織田信長。それぞれのゆかりの地が点在する岐阜県で11日、「大河ドラマ館」がオープンした。

               ドラマ館は、信長の居城岐阜城のある岐阜市、光秀生誕の地とされ明智城跡がある可児市、同じく生誕の地とされ光秀の母の墓もある恵那市、の3カ所にできた。いずれも来年1月11日までの開館。

               

              ◇大河ドラマ「麒麟がくる」関連施設

               岐阜市の大河ドラマ館は、岐阜城がそびえる金華山の麓の市歴史博物館内にあり、光秀、道三、信長の衣装レプリカ、合戦シーンのジオラマとともに、NHKが用意したPR映像・制作秘話も映像のきれいなシアターで見ることができる。

               可児市のドラマ館は広大なバラ園で有名な「花フェスタ記念公園」に作られた。可児市にはかつて明智荘(あけちのしょう)と呼ばれる地があり、ドラマ館では光秀が若い頃の舞台となる明智荘のジオラマや光秀役の長谷川博己さんが着る衣装のレプリカが展示されている。

               恵那市のドラマ館は観光施設「大正村」からほど近いところにあり、周辺にも史跡が点在している。衣装レプリカや等身大パネルのほかに、光秀が生きた時代の山城を巡る攻防についての展示がある。さらに恵那市は1月25日、郷土料理「五平餅」を活用し、市内39店舗を周遊するスタンプラリーを始めた。ドラマ館を訪れた観光客に山城跡や城下町など名残ある市内の観光を促すのが狙いだ。

               

              <大河ドラマ館の所在地>

              ■岐阜大河ドラマ館=岐阜県岐阜市大宮町「岐阜市歴史博物館2階」

              ■恵那大河ドラマ館=岐阜県恵那市明智町「大正ロマン館内」

              ■可児大河ドラマ館=岐阜県可児市瀬田「花フェスタ記念公園内」

               

              ◇ドラマ館オープン初日に2900人が来場、初回視聴率は19.1%の好発進

               岐阜県内3カ所のドラマ館には、オープン当日は地元だけでなく東京など遠方から歴史ファンが訪れ、想定を越える計2900人が来場した。

               一方、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の第回が1月19日に放送され、平均視聴率は191%の好発進となった。同時間帯のライバルである「ポツンと一軒家」(テレビ朝日系)=161%、「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)=156%を抑え、堂々のトップに立った(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)。

               

               

              (つづく) 

               

               

              ★国立国会図書館へ当総研の「各種出版物」を納本しています。
              国立国会図書館から納本要請があり、下記書籍を有償にて納本しています。

              2010年版「2009年度土産業界白書」〜2017年版「2016年度土産業界白書」(以上8冊) ∩換餞儻物産業者名鑑「2016年卸問屋版」、同「2011年卸問屋版」、同「2007年卸問屋版」(以上3冊)

               

              ★大阪府立中央図書館が当総研の「各種刊行物」を購入しています。
              大阪府立中央図書館は、当総研発行の各種出版物のほとんどを購入しています。
              2010年版「2009年度土産業界白書」観光物産業者名鑑「2011年卸問屋版」(8月発行)4儻施設名鑑「2010年レジャー・アミューズメント版(東日本編)」て院2012年レジャー・アミューズメント版(西日本編)」(12年2月発行予定)。「2007年卸問屋版」「観光物産業概論」は購入済み。

              ★「月刊:観光物産ニュース」(毎月15日発行、A4版・約50ページ〜)を購読ください。
              定期購読(1年間¥12,960)をご希望の方は、<定期購読希望>とメール又はFAXでお申込下さい。その他、観光物産総合研究所の事業内容をお知りになりたい方は、下記WEBにてご確認下さい。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              観光物産総合研究所/地域振興ネットワーク 代表 稲田俊明

              ◆観光物産総合研究所
              〒166-0012 東京都杉並区和田3-28-11-202
              TEL 03-6775-7185 FAX 03-3311-9502 携帯電話 090-6035-0223

              Eメール kankoubussansinbun@yahoo.co.jp 
              ホームページ
              https://kankoubussan.jimdo.com
              ◆地域振興ネットワーク 事務局 
              地域振興ネットワークからのお知らせは、
              http://kankoubussan.jugem.jp

              ◆庄内ふるさと応援団「東京庄内藩」事務局 
              庄内の話題は、
              http://shonainews.jugem.jp 

              ※庄内検定「庄内ふるさと検定」「庄内おくりびと検定」「庄内おしん検定」もご覧いただけます

               

              (主な役職:山形県「やまがた特命観光・つや姫大使」、山形県東京花笠連合会顧問、山形県東京三八会会長、全国ふるさと大使連絡会議理事、ふるさとテレビ顧問、他)

               

               

              posted by: miyagenews | 観光、物産、土産、土産業界白書 | 08:26 | comments(0) | - | - | - |
              月刊:観光物産ニュース−2020年2月号「如月特集」より− <特集2>「新型肺炎」感染拡大、終息見通せず (第3回 止)
              0

                月刊:観光物産ニュース

                −2020年2月号「如月特集」より−

                <特集2>「新型肺炎」感染拡大、終息見通せず (第3回 止)

                 

                中国人観光客激減で、観光業界に深刻な影響

                 

                各地観光地の今、その影響をルポ

                 

                ◆観光地に異変!「京都」「大阪」「奈良」ガラガラ。ホテルは大幅70〜80%値引き

                 京都、大阪、奈良など日本を代表する観光地に異変が起きている。中国など訪日外国人客が大きく減り、ホテルの宿泊料金も暴落している。京都市内や大阪府内の宿泊料金がなんと70〜80%の大幅値引きされていることだ。

                 京都では、中国側の渡航規制もあり、宿泊客のキャンセルが相次いだ。百貨店はガラガラで、道路も空いている。京都駅でもいつもより観光客の姿を見かけない。

                 奈良も同様だ。奈良公園では名物の鹿せんべいももらえず、所在なげな鹿の数ばかり目立つ。鹿せんべいを売る行商組合の男性によると、「観光客は去年の10分の1」程度という。

                 大阪市では、テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」では人気の「ハリー・ポッター」のアトラクションが、「平日とはいえ観光客も少ないからほとんど並ばなかった」というSNSへの投稿も見られるほどだ。ミナミの黒門市場は2月中旬、外国人客らで混み合うはずの夕方でも人出は少ない。市場内に店を構える店舗からは、客足は半数以下に減ったとか、約1割にまで落ち込んだとか聞かれる。大阪城天守閣でも、2月は前年同月より4割ほど減る見通しという。

                 大阪府のホテル関係者は「重症急性呼吸器症候群(SARS)よりも影響は深刻だ」語る。平成15年のSARS流行時と比べて宿泊客に占める外国人の割合が増え、特に中国人客への依存度が大きいことが痛手となった。

                 今後の懸念も強い。大阪や京都の観光業界関係者は、花見や歓送迎会など春の宴会シーズンを前に自粛ムードの過度な拡大を不安視する。中国・武漢では春節(旧正月)を祝う宴会が感染を広げたと指摘されているほか、国内でも東京都内のタクシー会社による屋形船での新年会が感染拡大の要因の一つと疑われているためだ。(2月中旬)

                 

                ◆九州では中国以外の国や日本人団体客の予約も不調に

                 福岡市内のタクシードライバーも「中国や韓国人客がさっぱり見当たらなくなった。年明けから肌感覚ではかなり景気が良くないよ」とこぼす。市内のホテル関係者も「昨年に比べ、宿泊者数が減少している。移動そのものが鈍っている」と語る。

                 国土交通省九州運輸局の調査によると、九州でも宿泊客のキャンセルが相次ぎ、中国以外の国や日本人団体客の予約も不調とする声が明らかになった。(2月15日)

                 

                ◆沖縄旅行のキャンセル1万3千人超

                 沖縄観光コンベンションビューローは1月28日、沖縄県内を訪れる観光客のキャンセルが1万3千人を超えたと発表した。キャンセル数はさらに増加する見通し。(1月28日)

                 

                 

                ◇◆編集長の独り言◇◆

                 そもそも観光は世の中が平和でなければ成り立たない産業だが、近年は世界情勢の不確実性や気候変動による打撃、今回のような公衆衛生上の非常事態と、さまざまなリスクが高まっている。少子高齢化が進む日本の観光業界にとって、外国人観光客の誘客はもちろん重要かつ必須だが、最後に頼みになるのは日本国民の観光消費だ。新型肺炎がもたらす損失は計り知れないが、これまでのインバウンド依存の「外需」から、「内需」を見直すひとつの機会になってほしい

                (※次号は「新型ウィルス感染拡大、政府の対応と経済への影響(第2回)」です。――本誌編集部より)

                 

                (おわり) 

                 

                 

                ★国立国会図書館へ当総研の「各種出版物」を納本しています。
                国立国会図書館から納本要請があり、下記書籍を有償にて納本しています。

                2010年版「2009年度土産業界白書」〜2017年版「2016年度土産業界白書」(以上8冊) ∩換餞儻物産業者名鑑「2016年卸問屋版」、同「2011年卸問屋版」、同「2007年卸問屋版」(以上3冊)

                 

                ★大阪府立中央図書館が当総研の「各種刊行物」を購入しています。
                大阪府立中央図書館は、当総研発行の各種出版物のほとんどを購入しています。
                2010年版「2009年度土産業界白書」観光物産業者名鑑「2011年卸問屋版」(8月発行)4儻施設名鑑「2010年レジャー・アミューズメント版(東日本編)」て院2012年レジャー・アミューズメント版(西日本編)」(12年2月発行予定)。「2007年卸問屋版」「観光物産業概論」は購入済み。

                ★「月刊:観光物産ニュース」(毎月15日発行、A4版・約50ページ〜)を購読ください。
                定期購読(1年間¥12,960)をご希望の方は、<定期購読希望>とメール又はFAXでお申込下さい。その他、観光物産総合研究所の事業内容をお知りになりたい方は、下記WEBにてご確認下さい。

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                観光物産総合研究所/地域振興ネットワーク 代表 稲田俊明

                ◆観光物産総合研究所
                〒166-0012 東京都杉並区和田3-28-11-202
                TEL 03-6775-7185 FAX 03-3311-9502 携帯電話 090-6035-0223

                Eメール kankoubussansinbun@yahoo.co.jp 
                ホームページ
                https://kankoubussan.jimdo.com
                ◆地域振興ネットワーク 事務局 
                地域振興ネットワークからのお知らせは、
                http://kankoubussan.jugem.jp

                ◆庄内ふるさと応援団「東京庄内藩」事務局 
                庄内の話題は、
                http://shonainews.jugem.jp 

                ※庄内検定「庄内ふるさと検定」「庄内おくりびと検定」「庄内おしん検定」もご覧いただけます

                 

                (主な役職:山形県「やまがた特命観光・つや姫大使」、山形県東京花笠連合会顧問、山形県東京三八会会長、全国ふるさと大使連絡会議理事、ふるさとテレビ顧問、他)

                posted by: miyagenews | 観光、物産、土産、土産業界白書 | 08:45 | comments(0) | - | - | - |
                月刊:観光物産ニュース−2020年2月号「如月特集」より− <特集2>「新型肺炎」感染拡大、終息見通せず (第2回)
                0

                  月刊:観光物産ニュース

                  −2020年2月号「如月特集」より−

                  <特集2>「新型肺炎」感染拡大、終息見通せず (第2回)

                   

                  中国人観光客激減で、観光業界に深刻な影響

                   

                  各地観光地の今、その影響をルポ

                   

                  ◆さっぽろ雪まつり3割減

                   札幌市中央区の大通公園などで開催された北海道の冬の風物詩「さっぽろ雪まつり」の来場者は、昨年から3割近く減少。実行委員会は「新型コロナウイルスに関連した肺炎の世界的な発生」などを減少の原因に挙げた。(2月11日)

                   

                  ◆中国人観光客が消えた東京、箱根

                   新宿や銀座、浅草、アメ横など、近年のインバウンドバブルで外国人、とりわけ消費意欲旺盛な中国人観光客に支えられてきた観光地に異変が起きている。新型肺炎拡大によって中国からの団体旅行客が途絶え客数がガタッと減った。中でも象徴的なのは銀座の資生堂化粧品専門店だ。この店はごく近年まで「中国人観光客の聖地」とも言われ、いわゆる爆買いブームの一翼を担ってきた店だが、今は閑散として淋しい限りの光景だ。(2月15日)

                   神奈川県箱根町の観光名所、大涌谷では通常だと最も目立つ中国人観光客がほとんど姿を消した。観光業にとっては、昨秋の台風で被災した箱根登山鉄道の運休とのダブルパンチだ。ただ、日本人や欧米系の来客は続いており、町や業者は感染問題の終息を待ちわびている。園地にある箱根ジオミュージアムでは、来館者は昨年11月から今年1月は前年比で20〜30%減り、2月も同じ傾向が続いているという。(2月15日)

                   

                  ◆山梨で宿泊キャンセル3万件

                   山梨県内の主な観光地の宿泊施設が加盟する県旅館ホテル生活衛生同業組合によると、県内の宿泊施設で3万件を超える予約キャンセルが出ている。キャンセルは今後も増える見込みという。外国人だけでなく、日本人の国内旅行も減少傾向にあるという。(2月13日)

                   

                  ◆静岡県内では宿泊キャンセル9万人(1〜3月)

                   静岡県と県観光協会は2月7日、新型コロナウィルスの感染拡大の影響が主因とみられる県内の旅館、ホテルなどの宿泊予約キャンセルが1〜3月で9万277人分に上ったと発表した。「中国の団体予約はすべてキャンセル」という施設もあるという。(2月7日)

                   

                  ◆名古屋城も人はまばら

                   名古屋の観光名所と言えば、名古屋城。国内からはもちろん、海外からも多くの観光客が訪れる。だが、名古屋城総合事務所によると、名古屋で新型コロナウィルスへの感染が確認されてから、来場客数は3割ほど減った。週末には7〜8万人が訪れる食べ歩きの街、名古屋の大須商店街にも影響が出ている。(2月15日)

                   

                  (つづく) 

                   

                   

                  ★国立国会図書館へ当総研の「各種出版物」を納本しています。
                  国立国会図書館から納本要請があり、下記書籍を有償にて納本しています。

                  2010年版「2009年度土産業界白書」〜2017年版「2016年度土産業界白書」(以上8冊) ∩換餞儻物産業者名鑑「2016年卸問屋版」、同「2011年卸問屋版」、同「2007年卸問屋版」(以上3冊)

                   

                  ★大阪府立中央図書館が当総研の「各種刊行物」を購入しています。
                  大阪府立中央図書館は、当総研発行の各種出版物のほとんどを購入しています。
                  2010年版「2009年度土産業界白書」観光物産業者名鑑「2011年卸問屋版」(8月発行)4儻施設名鑑「2010年レジャー・アミューズメント版(東日本編)」て院2012年レジャー・アミューズメント版(西日本編)」(12年2月発行予定)。「2007年卸問屋版」「観光物産業概論」は購入済み。

                  ★「月刊:観光物産ニュース」(毎月15日発行、A4版・約50ページ〜)を購読ください。
                  定期購読(1年間¥12,960)をご希望の方は、<定期購読希望>とメール又はFAXでお申込下さい。その他、観光物産総合研究所の事業内容をお知りになりたい方は、下記WEBにてご確認下さい。

                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                  観光物産総合研究所/地域振興ネットワーク 代表 稲田俊明

                  ◆観光物産総合研究所
                  〒166-0012 東京都杉並区和田3-28-11-202
                  TEL 03-6775-7185 FAX 03-3311-9502 携帯電話 090-6035-0223

                  Eメール kankoubussansinbun@yahoo.co.jp 
                  ホームページ
                  https://kankoubussan.jimdo.com
                  ◆地域振興ネットワーク 事務局 
                  地域振興ネットワークからのお知らせは、
                  http://kankoubussan.jugem.jp

                  ◆庄内ふるさと応援団「東京庄内藩」事務局 
                  庄内の話題は、
                  http://shonainews.jugem.jp 

                  ※庄内検定「庄内ふるさと検定」「庄内おくりびと検定」「庄内おしん検定」もご覧いただけます

                   

                  (主な役職:山形県「やまがた特命観光・つや姫大使」、山形県東京花笠連合会顧問、山形県東京三八会会長、全国ふるさと大使連絡会議理事、ふるさとテレビ顧問、他)

                  posted by: miyagenews | 観光、物産、土産、土産業界白書 | 17:09 | comments(0) | - | - | - |
                  月刊:観光物産ニュース−2020年2月号「如月特集」より− <特集2>「新型肺炎」感染拡大、終息見通せず (第1回)
                  0

                    月刊:観光物産ニュース

                    −2020年2月号「如月特集」より−

                    <特集2>「新型肺炎」感染拡大、終息見通せず (第1回)

                     

                    中国人観光客激減で、観光業界に深刻な影響

                     

                     1月の訪日客数推計調査では、新型コロナウイルスの感染拡大の影響は限定的だったが、既に中国人客は全国の観光地で大きく減少し始めている。JR西日本は、2月1〜14日の山陽新幹線の利用者数が前年同期比12%減となった。北陸新幹線は10%減、在来線特急も15%減と軒並み落ち込んだ。

                     日本人の国内旅行控えや韓国人客の訪日敬遠の動きも続く。政府は2020年までの訪日客4千万人目標を維持する方針だが、日本の観光産業は厳しい局面に立たされている。

                     感染拡大による影響から事業運営が厳しくなっている中小観光業者も増えており、政府も中小企業向けに5千億円規模で資金繰り支援する方針だ。

                     

                    新型肺炎をめぐる経過 (2019年12月31日〜2020年2月13日)

                    2019年12月31日 中国武漢で原因不明の肺炎

                    2020年1月9日 新型コロナウィルスを検出

                    1月11日 武漢で初の死者

                    1月16日 新型コロナウィルス、日本でも初の陽性

                    1月23日 武漢で航空便や鉄道の運行を停止

                    1月26日 首相「希望者全員をチャーター機で帰国」

                    1月28日 新型肺炎、指定感染症に閣議決定

                    1月28日 中国・湖北省で新型肺炎の死者100人超える

                    1月29日 日本人乗せたチャーター機が第1便到着

                    1月30日 千葉のホテルで帰国者受け入れ

                    1月31日 WHOが「緊急事態」を宣言

                    1月31日 TDRも対応

                    2月3日 クルーズ船、横浜港に着岸せず再検疫

                    2月5日 クルーズ船、10人感染

                    2月8日 武漢で60代の邦人男性死亡

                    2月11日 中国での死者1千人超える

                    2月12日 第1便で帰国者の宿泊者全員陰性、 

                         帰宅始まる

                    2月13日 新型肺炎、国内初の死者

                    2月13日 新型コロナ、和歌山の医師が感染

                     

                    (つづく) 

                     

                     

                    ★国立国会図書館へ当総研の「各種出版物」を納本しています。
                    国立国会図書館から納本要請があり、下記書籍を有償にて納本しています。

                    2010年版「2009年度土産業界白書」〜2017年版「2016年度土産業界白書」(以上8冊) ∩換餞儻物産業者名鑑「2016年卸問屋版」、同「2011年卸問屋版」、同「2007年卸問屋版」(以上3冊)

                     

                    ★大阪府立中央図書館が当総研の「各種刊行物」を購入しています。
                    大阪府立中央図書館は、当総研発行の各種出版物のほとんどを購入しています。
                    2010年版「2009年度土産業界白書」観光物産業者名鑑「2011年卸問屋版」(8月発行)4儻施設名鑑「2010年レジャー・アミューズメント版(東日本編)」て院2012年レジャー・アミューズメント版(西日本編)」(12年2月発行予定)。「2007年卸問屋版」「観光物産業概論」は購入済み。

                    ★「月刊:観光物産ニュース」(毎月15日発行、A4版・約50ページ〜)を購読ください。
                    定期購読(1年間¥12,960)をご希望の方は、<定期購読希望>とメール又はFAXでお申込下さい。その他、観光物産総合研究所の事業内容をお知りになりたい方は、下記WEBにてご確認下さい。

                    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                    観光物産総合研究所/地域振興ネットワーク 代表 稲田俊明

                    ◆観光物産総合研究所
                    〒166-0012 東京都杉並区和田3-28-11-202
                    TEL 03-6775-7185 FAX 03-3311-9502 携帯電話 090-6035-0223

                    Eメール kankoubussansinbun@yahoo.co.jp 
                    ホームページ
                    https://kankoubussan.jimdo.com
                    ◆地域振興ネットワーク 事務局 
                    地域振興ネットワークからのお知らせは、
                    http://kankoubussan.jugem.jp

                    ◆庄内ふるさと応援団「東京庄内藩」事務局 
                    庄内の話題は、
                    http://shonainews.jugem.jp 

                    ※庄内検定「庄内ふるさと検定」「庄内おくりびと検定」「庄内おしん検定」もご覧いただけます

                     

                    (主な役職:山形県「やまがた特命観光・つや姫大使」、山形県東京花笠連合会顧問、山形県東京三八会会長、全国ふるさと大使連絡会議理事、ふるさとテレビ顧問、他)

                    posted by: miyagenews | 観光、物産、土産、土産業界白書 | 06:57 | comments(0) | - | - | - |
                    月刊:観光物産ニュース−2020年2月号「如月特集」より− <特集1>2020年の旅行動向見通し― JTB 発表 ― (4/4 止)
                    0

                      月刊:観光物産ニュース

                      −2020年2月号「如月特集」より−

                      <特集1>2020年の旅行動向見通し― JTB 発表 ― (4/4 止)

                       

                      「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」開催

                      訪日外国人旅行は引き続き拡大

                      日本人の旅行市場も国内旅行、海外旅行ともに増加

                       

                      201年の実績推計

                       

                      【国内旅行】

                      国内旅行人数は2 億8,490 万人(前年比±0.0%)、平均消費額は36,660 円(前年比+2.0%)と推計 

                       2014 年4 月に消費税率が5%から8%に引き上げられた際の日本人の宿泊旅行は、その2 か月後から影響が出始め、冬期まで前年割れが続きました。観光庁の宿泊旅行統計によれば、2019年の1 月〜10 月の日本人の述べ宿泊者数の合計は前年より0.3%増加していますが、6 月以降は前年割れが続き、台風19 号の影響などから10 月単月の速報値は、3,727 万人泊で前年同月比▲2.8% となっています。2019 年の国内旅行人数は、2 億8,490 万人(前年比±0.0%)平均消費額は36,660 円(前年比+2.0%)になると推計します。

                       

                      【海外旅行】

                      海外旅行人数は過去最高の2,000万人(前年比+5.5%)、平均消費額は224,100円(前年比▲8.7%)と推計 

                       2019年の日本人の出国者数は、GW10連休が旅行需要を後押ししたこともあり、1月〜11月までの累計で1,837万人(前年比+6.0%)となっています。為替レートはほぼ前年並で推移しました。アジア方面を中心としたLCCを利用する旅行者の増加などから、平均消費額は微減すると考え、海外旅行人数は2,000万人(前年比+5.5%)、平均消費額は224,100円(前年比▲8.7%)と推計します。 

                       

                      【訪日旅行】

                      訪日外国人旅行者数は、3,180 万人(前年比+1.9%)と推計 

                       2019 年の訪日外国人旅行者数は、8 月以降日韓情勢の影響から韓国からの旅行者が減少しはじめ、9 月は「RWC2019 日本大会」の開催により増加したものの10 月の訪日外国人旅行者数は250 万人(前年同月比▲5.5%)、11 月は244 万人(同▲0.4%)となり、1 月〜11 月の累計では2,936 万人(同+2.8%)となっています。2019 年の訪日外国人旅行者数は、3,180 万人(前年比+1.9%) になると推計します。 

                       

                      (おわり) 

                       

                       

                      ★国立国会図書館へ当総研の「各種出版物」を納本しています。
                      国立国会図書館から納本要請があり、下記書籍を有償にて納本しています。

                      2010年版「2009年度土産業界白書」〜2017年版「2016年度土産業界白書」(以上8冊) ∩換餞儻物産業者名鑑「2016年卸問屋版」、同「2011年卸問屋版」、同「2007年卸問屋版」(以上3冊)

                       

                      ★大阪府立中央図書館が当総研の「各種刊行物」を購入しています。
                      大阪府立中央図書館は、当総研発行の各種出版物のほとんどを購入しています。
                      2010年版「2009年度土産業界白書」観光物産業者名鑑「2011年卸問屋版」(8月発行)4儻施設名鑑「2010年レジャー・アミューズメント版(東日本編)」て院2012年レジャー・アミューズメント版(西日本編)」(12年2月発行予定)。「2007年卸問屋版」「観光物産業概論」は購入済み。

                      ★「月刊:観光物産ニュース」(毎月15日発行、A4版・約50ページ〜)を購読ください。
                      定期購読(1年間¥12,960)をご希望の方は、<定期購読希望>とメール又はFAXでお申込下さい。その他、観光物産総合研究所の事業内容をお知りになりたい方は、下記WEBにてご確認下さい。

                      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                      観光物産総合研究所/地域振興ネットワーク 代表 稲田俊明

                      ◆観光物産総合研究所
                      〒166-0012 東京都杉並区和田3-28-11-202
                      TEL 03-6775-7185 FAX 03-3311-9502 携帯電話 090-6035-0223

                      Eメール kankoubussansinbun@yahoo.co.jp 
                      ホームページ
                      https://kankoubussan.jimdo.com
                      ◆地域振興ネットワーク 事務局 
                      地域振興ネットワークからのお知らせは、
                      http://kankoubussan.jugem.jp

                      ◆庄内ふるさと応援団「東京庄内藩」事務局 
                      庄内の話題は、
                      http://shonainews.jugem.jp 

                      ※庄内検定「庄内ふるさと検定」「庄内おくりびと検定」「庄内おしん検定」もご覧いただけます

                       

                      (主な役職:山形県「やまがた特命観光・つや姫大使」、山形県東京花笠連合会顧問、山形県東京三八会会長、全国ふるさと大使連絡会議理事、ふるさとテレビ顧問、他)

                      posted by: miyagenews | 観光、物産、土産、土産業界白書 | 04:29 | comments(0) | - | - | - |